イタみる ~母の腰痛、骨折かも~

監修:公益財団法人 骨粗鬆症財団 理事長 国際骨粗鬆症財団 理事 折茂 肇 先生

イタみる医院 案内ダイヤル あなたの腰痛の正体を確認できるお近くのイタみる医院をご紹介します。0120-402-184 受付時間 9:00~17:00

イタみる医院に聞く!腰痛と骨折のお話

母のための病院検索はコチラ

TOP >イタみる医院の先生に聞く!一覧 > 第2回 和田 俊夫 先生

イタみる医院の先生に聞く! 第2回

ドクター・医院紹介
十和田東クリニック/青森県 十和田市 和田 俊夫 先生(わだ としお)
公式サイトを見る
「腰痛は放置せず、まずは専門の医療機関で検査を!」
インタビュー
来院される方の中で腰痛の原因が椎体骨折であるケースは多いのですか。

ええ。かなりの割合でいらっしゃいますね。高齢者―特に女性の、俗にいう「ぎっくり腰」(急性腰痛症)の大半は、椎体骨折を起こしていると考えていいと思います。また、骨折していると分からずに、マッサージや指圧で腰痛を直そうとして、逆に痛みが強まってしまったというケースもよくあります。
一方、腰痛があまり無かったとしても、背中が曲がっているような方は椎体骨折を起こしている可能性が高いです。3分の1くらいの患者さんは骨折していても痛みをそれほど感じていませんので、そういう方は急に痛くなったというよりも、1、2ヵ月我慢したけどずっと腰の痛みが取れないという理由で来院されますね。

椎体骨折のきっかけはどのようなことですか。

この辺は雪が多いので、冬場は外での転倒が圧倒的に多いですね。夏場は草取りをしていてとか、重いものを持ってとか、ほんのちょっとしたことで骨折が起こります。骨粗しょう症だと、わずかなきっかけ、例えばくしゃみをしただけで骨折してしまう方もいらっしゃいます。
そして、一度骨折してそれを放置してしまうと、1年以内にまた折れてしまう可能性が高まります。骨折の頻度が高いほど日常生活に支障が出てきてしまうので、我々も骨折の連鎖を止めることを目的に治療します。また、大腿骨近位部骨折の家族歴がある方は骨折のリスクが高まることが知られています。お母さんが骨折してしまったら、ぜひ娘さんも一緒に病院に来てチェックしたほうがいいと思います。
骨粗しょう症は、閉経後の女性に多く発症し、骨折によって介護が必要になってしまうなど生活が一変する危険性がある病気です。閉経したら、その時点で痛みが無くても一度検査を受けて、ご自分の骨の状態をチェックすることが望ましいですね。

椎体骨折を予防するために患者さんに指導されていることはありますか。

食事と運動は重要なポイントです。カルシウムやビタミンDをしっかり摂り、塩分を控えめにします。そして、日光によく当たることも大事です。また運動は、ウオーキングを1日30分から1時間、体のバランスを保つための「ダイナミックフラミンゴ体操」(片足立ち)、そして大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の強化を指導しています。

最後に腰痛がありながら病院へ行くことをためらっている方へメッセージをいただけますか。

痛みが出たら、何が痛みの原因なのかを専門の医療機関(整形外科)ではっきりさせることが必要です。当院では骨粗しょう症による骨折を疑えば、MRIを使って骨折しているのかどうか、いつ骨折したのかなどをしっかりと判断しています。レントゲンだけだとそのような情報がはっきりと分からない場合があるからです。専門の医療機関では、患者さんの状態をきちんと把握して、それに応じた適切な治療を行うことができます。骨粗しょう症は怖い病気ですが、新しい治療法が出てきている今の医療技術があれば、さらなる骨折を予防することは十分に可能ですので、一度チェックされることをお勧めします。

病院データ
病 院 名 十和田東クリニック
郵便番号 〒034-0001
住 所 青森県十和田市大字三本木字里ノ沢1-56
電話番号 0176-22-0011
先頭へ戻る

腰痛について詳しく学べる「イタみるBOOK」を無料で差しあげます。ご希望の方は、今すぐ!お電話ください。お近くの病院もご案内致します。イタみる医院 案内ダイヤル 0120-402-184 受付時間 9:00~17:00

もし、自分の母親が腰痛に困っている時は…