骨粗しょう症による「いつのまにか骨折」

病院案内ダイヤル 0120-241-418

お近くの病院を探す

  • トップに戻る
  • TVCM・インタビュー

TVCM・インタビュー

TVCM

TVCMには、女優の桃井かおりさんを起用。
同じ女性としての立場から、骨粗しょう症による自覚のない椎体骨折、「いつのまにか骨折」への気づきを呼びかけています。桃井さんならではの強いメッセージ、また、CMで見せる新しい一面にもご注目ください。

インタビュー 「 自分の背中には、これからの人生がかかってる。しっかり見てあげなきゃね。」

骨粗しょう症の啓発活動のためにご登場いただいた桃井かおりさん。今回の活動への思い、女性たちへのメッセージなど、お話をうかがいました。

まさに、私のなかでも「骨」がどれだけ大事なものか、
実感していたタイミングでした。

骨粗しょう症って、もちろん前から知っていた名前ではあったけど、家族や知人の間でも身近なものになってきて、私のなかでも「骨」がどれだけ大事なものか、強く実感していたタイミングでした。いくつになっても自分の足で歩けるって、それだけで素晴らしい。うちの母も、まだまだ旅行とか楽しんでるんですよ。私も行きたいところはどんどん行かなきゃって、逆に励まされているくらい!そんなこともあって、この仕事を受けたときは、もう「骨」の大切さを語るなら、私にまかせて!って感じでした。

年をとるのは止められないけど、骨粗しょう症には治療法がある。
それって、すごい事実。

今回、何よりびっくりしたのは、骨粗しょう症に「治療法」があるということ。骨が衰えていくのは宿命なんだと思っていましたから。筋肉は鍛えなきゃって意識があったけど、骨だってまだまだ可能性を秘めているんだって。すごい事実ですよね。病院に行けば「骨が壊れるのを防ぐ」治療法や「骨を造る」という治療法がある。それを聞いたら思わずわくわくしちゃいました。私、年をとることを、ちょっと「こじゃれた」ことにしたいんですよ。年を重ねていくと衰えるんじゃなくて、豊かにふくらんでいくようなイメージにしていきたいって思うんです。

65歳を過ぎると「いつのまにか骨折」のリスクは急に高くなる。
自覚がなくても油断しないようにね。

でも、骨粗しょう症って、自覚しづらい病気なんですよね。「背中が曲がってきた?」「最近腰が痛いな」なんて、年だから仕方ないって思うじゃないですか。それが、背骨が「いつのまにか骨折」しているせいかもしれないだなんて。とくに日本人の場合、65歳からはリスクが急に高くなる。しかも、「いつのまにか骨折」は骨折の連鎖を引き起こして、場合によっては「寝たきり」になることもあるんですって。私も初めて知って驚きました。65歳なんてまだまだ若いし、つい、「自分は大丈夫」って思ってしまいがち。でも、これからの人生がかかってるんだから、自分の背中は自分でしっかり見てあげなきゃね。

日本中の女性に、「骨」の大切さを伝えたいから。
私も、X線検査受けます!

骨粗しょう症による「いつのまにか骨折」という言葉を知っている人は多いけど、検査を受けている人や治療法の存在を知っている人はまだまだ少ないんですよね。私、この活動を通して、骨粗しょう症による「いつのまにか骨折」の検査や治療法についてもっともっと知ってもらいたいんです。だからぜひ、ご自身の背中をしっかり見て、「もしかしたら…」と思ったら積極的にX線検査を受けてくださいね。いくつになっても、健康で自分らしく生きなくちゃ。
日本中の女性に「骨」の大切さを伝えるべく、私もX線検査を受けますよ!

検査体験レポート
お近くの病院検索
  • 「いつのまにか骨折」は早めの治療が肝心です。 検査や治療が受けられる病院を簡単に探せます。

    お近くの病院を探す
まずは相談する!